【高校受験を目指す】不登校の勉強方法!授業の1/3の時間で学力アップ

投稿日:

「参考書は買ったどどうやって勉強したら良いかわからない」
「やる気になるのが遅すぎて受験まで時間がない」

このように高校受験に向けて勉強をし始めたけど、不登校期間が長すぎてどうやって勉強をすればよいのか分からず悩んでいませんか。

不登校で遅れてしまった勉強は、授業のたった1/3の時間で効率よく学力アップが目指せるインターネット学習教材『すらら』がおすすめです。

インターネット学習教材すらら

すららは、基礎学力アップを目指す教材です。不登校などで抜け落ちてしまっている単元やさかのぼり学習がしたい方におすすめの勉強方法です。

\入会金0円キャンペーン/
※3月末まで※

すららの料金詳細へ

すららがおすすめの理由

すららが不登校のお子さんにおすすめの理由は沢山ありますが、特におすすめの理由を3つあげてみました。

  • 「無学年方式」で学年をさかのぼって勉強できる
  • 「弱点診断」で苦手な単元のみ効率よく勉強できる
  • 自宅学習が中学の「出席扱い」となる

「無学年方式」で分からないところからスタート

無学年方式は学年をさかのぼって勉強できる

中学1年生から一通り参考書は買ったけど、どこから手をつけて良いか分からず困っていませんか。不登校のお子さんの場合、小学生の頃に習った基礎につまづく場合も多く、なかなか勉強をしても理解できず成果に結びついていきません。

すららでは、小学生、中学生関係なく、学年をさかのぼって勉強がやり直せるので、「わからない」をどんどん潰していくことができます。

すらら<公式>で詳細を見る

「弱点診断」で1/3の時間で効率よく学習

弱点診断、間違えた箇所から自動で弱点を見つけ、学ぶべき単元がすぐわかる

不登校のお子さんの場合、何ができて何ができないのかすら分からないのがほとんどです。

「学力診断テスト」を受ける事で、お子さんの理解度をチェックし、お子さんが理解できていない単元を洗い出すことができます。

理解できているところは飛ばして、分からないところのみを学習できる仕組みになっているので授業の1/3という短時間で効率よく知識を身につけることが可能です。

すららの自宅学習が「出席扱い」に

すららで出席扱いに

定期的な先生の訪問など、学校との連携が必須となりますが、『すらら』での自宅学習が「出席扱い」にできる可能性があります。

文部科学省は、家庭に引きこもりがちで十分な支援を受けられない不登校の児童・生徒に対し、IT等を活用した自宅学習で出席扱いにするという方針を定めました。「すらら」は、その要件を満たすことのできる教材です。(すららHP参照)

全日制の高校受験合格のために、中学3年生ではなるべく毎日学校へ行くことが必要となりますが、絶対に休んではいけないと思うと大きなプレッシャーとなってしまいます。

『すらら』の自宅学習が「出席扱い」と認められれば、内申点もつけてもらえるので公立高校への進学も夢ではありません。学校の先生は、この制度を知らない場合が多いので相談してみましょう。

不登校のお子さんは、学校へ行くこと、授業に追いつくことなど、乗り越えなければならないことが沢山あります。

『すらら』は、高校受験に必要な学力が身につき、出席に対する不安も軽減してくれるのでうまく利用しましょう。

「不登校生の出席扱いについて」詳しく見る

不登校の出席扱いに携わった戸倉徳也先生のお話

全日制高校へ通いたい方へ

高校入学

中学3年生で年間30日以上欠席があると全日制の高校受験は難しくなるので、出席日数が少ない場合、通信制高校や定時制高校へ行く子が多いです。

不登校のお子さんとは、なるべく中学3年生になるまでに、全日制高校へ行きたいかどうか話し合っておいた方がよいでしょう。

全ての高校ではありませんが、多くの高校受験で中学3年生の出席日数と内申点(成績の合計)を重視されています。

中学3年生で出席日数が少ないと内申点が付けられず、どれだけ入試が良くても、出席日数や内申を重視する高校の場合、不合格となってしまいます。

中3でせっかく全日制高校へ行きたくなっても、出席日数が原因で行けないことが分かったら後悔してもしきれません。

お子さんのためにも、早めに情報を取り入れて、利用できるものは利用して後悔のない高校受験を目指しましょう。

\入会金0円キャンペーン/
※3月末まで※

すららの料金詳細へ

基礎学力が身についたら過去問へ

すららで基礎学力が身についたら、次は過去問を解いて受験対策をしてみましょう。受験対策は、過去問を自学自習ができるお子さんであれば、問題ありません。

しかし、自学自習が難しいというお子さんの場合は、高校受験対策が可能になった『スタディサプリ』を利用してみると良いでしょう。

『スタディサプリ』なら、月額たった980円で「都道府県別対策講座」を見ることができます。塾に通う感覚でタブレットやスマホを使いながら受験対策ができます。

また、『スタディサプリ』会員になると、各都道府県別の入試問題と正答(過去3年分)が無料でダウンロードできるので、普通に過去問を買って勉強するよりもお得です。

『スタディサプリ』は14日間の無料体験が可能なのでお子さんが興味をもつか試してみるのもありです。

◎不登校中学生に関する参考情報

-不登校の自宅学習

Copyright© 不登校の子が始めている勉強方法はコレ! , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.